2009年12月31日

また見てね


今年のブログを振り返ると去年よりは記事を更新することができました。
ブログ名もよく分からない名前をつけてしまい、記事も万人受けするとは思えない記事を書いていたので、ランキングの上位に入ることは無理だろうと思いながら書いていましたが、書き始めてはじめて1位をとることもできました。
読んでくれた人、ランキングでクリックしてくれた人に感謝したいと思います。
最近英語自体の記事が減っていますが、来年も少しでも記事の更新ができるようにがんばります。
みなさん良いお年を。


posted by チーフ at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月29日

和英辞典


昨日テレビでジーニアスの英和辞典に阪神タイガースの例文が多いというのをやってました。
なんでもちょうど阪神が活躍してる時に編集作業をやっていたからなんだそうですが、編集者の中に阪神タイガースファンがいるのでは?
大修館は東京の会社だけど来年は寅年だからちょうどいいのかも。
posted by チーフ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月28日

英語の英語の問題集


以前買ってあったTOEIC用の問題集をやってみようかと思っています。
その本は外国人がTOEICの勉強をするためのものなので全て英語です。
TOIECテストは全て英語ですが、そのテストための問題集の解説は日本で買うと普通日本語なので解説まで英語の本で勉強したら面白いのではないかと思い以前買ってあったものです。
ある程度力がついていないとかえって効率が悪いのではないかと思い今まで使用していなかったのですが、そろそろ使っても良いのではないかと。
でも英語の文法用語に強くなってもスコアには影響なさそうな気もするなー。
posted by チーフ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月27日

座右の銘


ウッブサイトの座右の銘メーカーというサイトで自分の名前を入力すると自分の座右の銘を勝手に決めてくれます。
私の場合「愛よりお金がやや上」でした。
本来ちまたでよく使われる座右の銘でないところが面白いですね。
posted by チーフ at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月26日

大晦日


もうすぐ大晦日です。
英語にするならnew year's eveでしょうか。
確かに年神を迎える意味があるらしいのですが、言葉の意味は新年の前夜祭というよりその年の最終日のほうが強いように思います。
posted by チーフ at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月25日

クリスマス


以前書いたでしょうか。
クリスマスのマスはミサのことです。
以前高層建物の下でろうそくを持って集まっている人を見てぎょっとしたことがあります。
(探したら記事があったのでリンクを貼ります。クリスマスのミサ?です。)
posted by チーフ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月23日

神社


初詣と言えば神社です。
神社を意味する単語はshrineですが。
もちろん神社のためにできた単語ではないので神社だけでなく宗教的な建造物はshrineと呼ぶことが多いようです。
神社の意味より何か聖地なんだというイメージを持つのでしょう。
教義のようなものが前面に出てこない宗教を外国人はどう感じるんだろう。

posted by チーフ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月22日

クリスマスカード


海外に転勤した友達からクリスマスカードが届きました。
クリスマスカードと年賀状をかねてるみたいです。
子供の写真付きで実際に会った時は赤ちゃんだったのに子供の成長は早いですな。
posted by チーフ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月20日

シャーロックホームズ


テレビを見ていたらインタビューの中にconundrumという単語が出てきました。
なぞという意味の単語です。
発音の響きからもしかしたらシャーロックホームズの著者コナンドイルからできた単語なのではないかと思いちょっとだけ調べてみました。
単なる偶然のようで単語自体はコナンドイルが生まれる前からあるようです。
こんな謎を解いてもちっとも名探偵にはなれませんね。

posted by チーフ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月18日

冬将軍


暖冬と言われていたのが一転して大雪が降ったところもあるようです。
観測史上最多の降雪や観測史上最低気温が記録されたところもあるようです。
スポーツの記録と違ってあまりうれしくない記録です。
それでも営業ができないスキー場などもあったようなのでほっとしている人もいるのではないでしょうか。
posted by チーフ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月14日

甘くないちょこ


テレビでそば猪口のことをやっていて、見るつもりはなかったのに見入ってしまいました。
今作ればいくらでもできそうなものですが、江戸時代頃のものが結構たくさんあることを知りました。
柄や大きさなどバリエーションも多く骨董市などで売られているそうです。
自分でも手に入れてみたいと思ってしまいました。
外国人が日本のものを見るような目線で今の人も昔の日本を見るようになってきてるように思います。
かえって日本好きの外国人の方が詳しいかも知れません。

posted by チーフ at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月09日

メールからハガキ


年賀状を送る人が減っているようです。
メールを使って住所を知らない人に年賀状を送るサービスが紹介されていました。
仕組みは相手のメールアドレスをサイトに入力すると、そのアドレスに年賀状が届いている旨が送信されます。メールを受け取った人が自分の住所をサイトに登録すると自分のところに年賀状が送られてくるというサービスらしいです。
自分の住所は厳重に管理されているのでそのサイトを運営している会社の人やハッカーなどが盗み見ることはできなくなっているそうです。
でも、こういうものはかならず悪用する人間が出てきそうな気がします。
私は外国へわざわざ封筒に入れて年賀状を送ったことがあります。
理由は珍しいハガキだと盗まれることがあると聞いたからで、はじめて送るので確実に届くようにわざわざハガキを封筒に入れたことがありました。

posted by チーフ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月07日

1番の方が良い


事業仕分けのとき、スーパーコンピューターが2番じゃダメなのかということが話題になった。
それに対してスーパーコンピュターは2番じゃダメだということが識者などから反論があった。
でも、具体的になぜ2番じゃダメかということが説明されていない。
何となく科学の研究は大事だということで終わっているような気がする。
そこで理由を最近見たNHKの番組を参考に考えてみる。

その番組では素数について取り上げていた。
ご存知のように素数は1とその数自身でしか割れない数です。
そして素数が現れるのは不規則なので一定の規則がないと言われています。
これをスーパーコンピュータで計算することにより非常に大きな桁の素数を見つけ出しネット上のセキュリティーの暗号として用いているのです。
2番であるということは1番のコンピュータで解読できてしまうということになりかねないのです。
例はネット上のセキュリティーですが、軍事にも用いられているでしょうからやはり1番の方が良いのです。
でも、日本は結構後順位であるという現状があるので、1位を目指せる程度にがんばって景気が良くなったら1位をとるぐらいが現実的でしょう。でも1位を狙うには苦しい時こそがんばらなくちゃならないのはスポーツと同じですね。


posted by チーフ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月06日

ブルージーンズ


北朝鮮ではブルージーンズをはかないそうです。
ブルージーンズはアメリカを連想させるからだそうで、ブラックジーンズならあるみたいです。
そこかよと突っ込みを入れたくなります。
だったらジーンズ自体を否定しろよと思いますけど、世界が興味を持っているもが自国にはないとは言いたくないのでしょう。
めんどくさいですね。

posted by チーフ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月05日

分かれ目


アメリカで雇用指標が改善されたため円安ドル高となっている模様。
週明けの株価回復に期待ができます。
資金供給や住宅ローンのモラトリアムなどの複合効果があれば年明けまでの良い材料になるのですが。
二番底となるかどうかの分かれ目ですね。
posted by チーフ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

全日空のマーク


日本航空の再建が問題になっています。
もう一つの航空会社全日空は40年ぶりに水色の機体の復刻版を飛ばしているそうです。
子供の頃JALは鶴のマーク、全日空はシルクハットと記憶していたのですが、40年ぶりに全日空のマークを見たらあれはダヴィンチのヘリコプターをイメージしたマークなのだそうです。確かに螺旋状になっているのでシルクハットではないですね。
外側のシルエットだけで判断してたからなんでしょうね。でも子供にダヴィンチのヘリコプターと言っても分からないですよね。
今考えれば航空会社なのに帽子な訳はないか。
posted by チーフ at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月04日

いただきます


外国人向けの日本語会話集のような本にこんなことが英語で書いてありました。
Itadakimasuの項目です。
「この表現は食べ物に口をつける前に発せられる。もてなす人も含め誰もがいただきますと言う。いただきますは”もらう”という動詞の丁寧な表現としても使われる」
日本人なら意味さえ疑問に思わない単語ですが、私が面白いと思ったことは確かに食べる方が使う表現なんですが、その食事を出した人も自分が食べる時はいただきますと言うという説明です。ということは料理自体を作った人以外の存在も感じているということなのでしょう。
食材を作った人かもしれませんし、恵みをもたらした天なのかもしれませんが。
外国語として見ないと不思議に感じたことすらありませんでした。


posted by チーフ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月02日

どこでもトンネル


北朝鮮がデノミを実施しました。
北朝鮮国内の経済の落ち込みだけでなく、頼りにしていた海外からの援助が国際景気の落ち込みによって期待できないからではないでしょうか。
公式には援助してもらわなければならないとは言えないでしょうが、いろいろな外交手段を使って援助を引き出そうと考えていたはずです。
しかし各国とも自国の景気が落ち込んでるのでそれどころではない。
比較的景気の良い中国にも最近反抗的ですからなお孤立しているのでしょう。
これから寒くなり今まで以上に経済が厳しくなると北朝鮮の国民は大変なことになりそうです。いやもうなっているでしょう。
方向性を間違えるとろくなことにならないのは組織の大小を問いませんね。
韓国では九州と海底トンネルを造ろうという計画が持ち上がっているようです。
もし、トンネルでつながったら何かあった時に人が押し寄せてきそうな気がします。
でもトンネルができる頃に存在するんだろうかあの国は...。

posted by チーフ at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月01日

ミイラ復活


以前ドライフルーツのマンゴーをヨーグルトに付けておくと元に戻るというのをテレビで見てまねしてみました。
結果を書くと言って書いていなかったことを思い出したので書きます。
結果はそこそこ戻るという結果でした。
フレッシュにまで戻らなかった理由は私が入手できたのが少し砂糖が付いたグミっぽいドライフルーツだったからだと思います。
多分純粋なドライフルーツだったら相当生に近い状態まで戻るんじゃないでしょうか。
ちなみにミイラは英語でmummyです。
昔懐かしい飲み物のマミーじゃないですよ。
posted by チーフ at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

虎の子


日銀が10兆円規模で資金供給するそうです。
来年は寅年なので虎の子を出してきました。
二番底回避ということでしょうか。
これで長期金利は低くなるだろうけど年金生活者などはキツいと思いますね。
まずは税収を増やさないとどうにもならんかな。
posted by チーフ at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。