2010年03月07日

発音矯正

リスニングをしながらシャドーイングも行っていますが、発音の矯正もできそうです。
よりネイティブに近づくには日本語の発音と違う音を出したあとに勢いに乗ってそのまま次の音を出すようにするとより近い音が出せるように思います。
どういうことかと言うと日本語にないような口の形や舌の位置で音を出すと次の音を出す前に無意識に日本語の発音の口の形舌の位置に一度リセットして次の音を出しているようなので勢いに乗って日本人にとっては非常に維持しにくい状態で次の音へと移って行くとよりネイティブに近い音が出せるようだということです。
口の中で空気椅子をしているような感じです。


posted by チーフ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。