2010年03月10日

二枚舌

今日岡田外務大臣が核密約があったことを公表しました。
過去にも核を搭載した艦船が入港していたのではないかということが言われていましたが、政権が交代して密約の存在が明らかになりました。
軍隊が存在しないはずの国に核があるというのは非常に奇妙なことです。
非核三原則などと言っておきながら始めから例外の状態だったということになります。
核が必要な程日本が緊張状態になったことはないはずなのでアメリカ軍の戦略上の必要から持ち込まれていたのでしょう。
ということは現在の状態は日本を守るために駐留を認めているというより、用心棒に国の一部を好きに使わせているということになるでしょう。
結局自国民の血を流す覚悟がないと独立国としての外交はできないのではないでしょうか。
その一方で軍隊を持っても日本人は危険な行動をとりませんとは言えない世の中になっていると言われると否定できない気もします。
クジラやイルカの問題ともつなげて考えると日本はまだまだ理解しがたい国なんでしょうか。


posted by チーフ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。