2010年03月14日

分かると聞こえる

日本語が発音される時の周波数と英語が発音される周波数が違うと聞いたことがあります。
発音しにくいだけでなく出る音の高低にも差があるようです。
そのせいかテレビの音声でも日本語だと小さな音量でも聴き取れるのに英語だと知っている単語でも何と言ったのかよく分からない場合があったりします。
日本語では実際に聞こえていなくてもこう言っているはずと頭の中で修正したりもします。
英語だとなかなか一通りには聞こえなくてたちまち思考停止することがあります。


posted by チーフ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。