2007年02月12日

"ZOO"M IN

最近の記事のタイトルで「猫」だとか「鶴」といった動物を含むタイトルが続いたので、動物ネタを書いてみます。
みなさんは、為替や株などの相場を表わす折れ線グラフのようなチャートを見たことがあると思います。
相場の動きを表わしている訳ですが、英語では強気の相場(上げ調子)の時をbull、弱気の相場(下げ調子)の時をbearと言います。
bull(雄牛)は下から上に突き上げるから。
bear(熊)は前足で上から下にのしかかるからだそうです。
たしかに、熊は英語でも粗暴なイメージで捉えられているようなので、弱気の動物だからというのは理由になりにくいと思います。
ちなみに、テディベアのテディとは元アメリカ大統領、セオドアルーズベルトの愛称からきています。ルーズベルトが熊狩りの時に獲物とされた熊を見逃してあげたことにちなんで、ぬいぐるみにこの名前が付けられたようです。

この他、pink elephantsと言うと「酔っぱらいの見る幻覚」ということになっています。
ドラマや映画の中にも、からかい半分に「ピンクの象でも見えたか?」というようなセリフが出てくることがあります。


posted by チーフ at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。