2007年03月19日

9すれば通ず

英語圏の文化を理解するのにキリスト教の理解は大切です。
私はキリスト教徒ではありませんが、少しずつ勉強して行こうと思っています。
今日はキリスト教そのものではなく、キリスト教にも関係があり、キリスト教以外の世界にも登場する天使を取り上げてみたいと思います。
天使は神の使いとされています。
天使には階級があり
上位、中位、下位
のそれぞれがさらに三隊に分かれるので九つの階級に分かれます。
この下位三隊の一番下の天使アンゲロイからangelという言葉がきているようです。

偶然かどうか分かりませんが、仏教にも九つに分ける考え方があります。
信仰等により人々を
上品(じょうぼん)
中品(ちゅうぼん)
下品(げぼん)
に分け、さらにそれぞれが三つに分けられて合計九つに分けられます。
それぞれに救いをもたらす阿弥陀仏がいます。
世田谷区にある九品仏(くほんぶつ)という駅名とも関係があります。


posted by チーフ at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。