2010年04月06日

出だし


リスニングをしていて意味を取ることばかりに意識が行っているので、反対に自分が話す時に聴いていることがそのまま言えるだろうかと考えてみました。
私はまだまだものを考えるときまず日本語で考えてしまうので頭に浮かんだ日本語を英語として表現しなければなりません。
その時まず問題になるのは出だしです。単語をそのまま置き換えるだけで済まない表現も多いし、単語の置き換えに近い文でも主語+動詞部分ぐらいがスムーズに言えるかどうかでゼロか百かになってしまうのがアウトプットの難しいところです。
posted by チーフ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月05日

アラフォーの星


スペースシャトルの打ち上げが成功しました。
宇宙飛行士の山崎直子さんは同じアラフォー世代です。
しかし10年近くの訓練を経て初飛行とは何事も一朝一夕にはいきませんね。
でもスペースシャトルの打ち上げは打ち切りが決まっていて山崎さんが日本人宇宙飛行士としては最後になるそうです。
10年近く訓練していて途中で打ち切られたら、怒りの持って行きどころがないところですよね。
posted by チーフ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

雨ソング


4月なのに寒かったように感じました。
花冷えという言葉がぴったりかな。
今日も雨みたいです。
雨をテーマにした曲ばかり集めて聴いてみようかな。
posted by チーフ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月03日

咲き方


桜の季節で花見するのは良いんですけど、桜多すぎないですかね。
私の家の近所だけでもかなり植えてあるところが多いです。
桜の名所なんかが紹介されてますけど、近所で十分奇麗なところがあるのであまりありがたみないです。
変なことに気づいたんですけど、木に咲く花は正に木に咲いているのであまり飾る花としては流通してないですね。
だからありがたみあるのかな。
posted by チーフ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月02日

骨ぬき


リスニングをしているとニュース記事であることもあってよく出てくる文の構造というものがあるように思います。
日本語に似ているものはあまり気にならないので気になるのは英語独特の名詞の後にくや節をつなげて行く表現とそれらの文をつないで行く大きな文の構造です。
それら話しの展開の仕方を単語にとらわれず骨格だけを抜き出して自分の表現として使って身につけていきたいと思います。
posted by チーフ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ホントから出たウソ


インターネットへアクセスができなくなりブログの更新も一時できなくなりました。
モデムの電源を入れ直したり、パソコンの電源を入れ直したり試行錯誤しましたが復帰せず、原因も分からないまま。
エイプリルフールだから誰かのいたずらか、などとも思いましたが、別のパソコンで接続できることを確認し、いつも使っているパソコンの不具合であると確信。
最終的にはインターネットを接続するための設定の一部が書き変わっていることが判明しました。
ある項目のチェックボックスのチェックは外すだけで復帰できました。
それにしても書き換えた覚えはなく使っている最中に突然接続が遮断されたので誤作動によって情報が書き変わったとしか思えません。こんなことあるんですね。

posted by チーフ at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月31日

何リンガル


新年度が始まり語学番組も新しいシリーズが始まります。
これを機に英語に限らず語学を始めるのも良いかも。
私も英語以外の語学の勉強もしたいのですが、まずは英語をものにしたいので他の言語は頭の体操ぐらいにとどめようと思います。
posted by チーフ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月30日

郵政


郵便局で預け入れ限度額が2000万円ということで固まったようです。
民業圧迫という理由で反対の人も多いと思います。
確かに郵便局にお金が流れれば民間金融機関へ良い影響は与えないでしょう。
私としてはおそらく郵政を優遇しようとかいういことではなく、郵便局に流れたお金を基に財政の立て直しをはかる気ではないかと見ています。
亀井さんは単に小泉改革を元に戻すという理由だけで逆行させているのではないような気がしています。深読みし過ぎでしょうか。

posted by チーフ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

魔法の絨毯


成田に新たに就航する航空会社が増えたようです。
特にオイルマネーを背景に中東の航空会社の就航が目立ったようです。
と言ってもドバイも大分ピンチのようですけど。
先日テレビでバイオ燃料の場合はCO2の排出量をカウントしないということを知りました。理由は植物のとき光合成に使ったCO2と同量と考え差し引きゼロと見るからだそうです。
魔法の絨毯があれば航空燃料も不要なんですが。
posted by チーフ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月29日

気になる


最近テレビを見ていて気になるCMがあります。
アナウンサーの女性がCMで「お勧めされたのが」と言っているのですが、お勧めされたのは自分なので自分に敬語を使っているようにも聞こえるし、お勧めしている相手の行動に敬語を使っているなら正しいようにも聞こえる。でも「お勧めされた」の主語はやはり「私」なので自分に対する敬語なのかなあとも思う。
私の日本語能力ではこの表現正しいのか間違っているのか判断がつきません。
posted by チーフ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月27日

逆から逆へ


リスニングに慣れると日本語と逆の語順に単語が話されることはだんだん慣れてきます。
しかし自分で話す時はなかなかそうはいきません。
頭に浮かんだ表現をそのまま話す訳にいかないので、名詞+前置詞+名詞などはかなりのスピードで逆の語順に変換しなければなりません。
改めて英語と日本語は語順が逆なんだと非常に基本的なことを再確認します。
posted by チーフ at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月26日

型とアドリブ


リスニングをしていて次から次ぎへ発音される単語に反応できるようにすることが必要だということを以前書きましたが、一息で話せるような分をそのまま捉えることも大事だという感じも持つようになっています。
結局今までの感覚の変遷を書くと
パターンの組み合わせ(よく言われている)→組み合わせを考えるのに時間がかかる→単語をリアルタイムで処理する反応力が大事→単語レベルでの反応は忙しすぎる→余裕を作るために文丸ごと意味を取れるようなものを増やす。
というような感じです。
posted by チーフ at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月25日

次期企画


今はリスニング継続中ですが、リスニングが一段落したら、次はテレビのニュース、新聞記事を英語で読むなど今日本語でやっていることを英語で行うことを一ヶ月やってみようかと思っています。
どうしても一日のほとんどの時間をを英語で過ごす時期がないと英語が聴けて話せる状態にならないのではないかと思うからです。
企画の内容は徐々に詰めようと思っています。
posted by チーフ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月24日

へたうま


細かな発音の違いが分かって自分でも近い音が出せると聴き取りやすくなるということは以前から感じていたんですが、発音がもろに下手なのに英語が話せる人いますよね。あの人達は何で自分の発音と違う音を聴き取れるのかと疑問に思ってしまいます。
かえってその方が難しいのではないかと。
フォームが個性的なのに成績が良いスポーツ選手みたいなものかなと妙な納得の仕方をしています。
posted by チーフ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月23日

基地問題


日本では基地問題で日米がもめてますね。
アメリカ軍にとっては日本だけの問題ではないんです。
少し前はカリブ海での訓練基地を巡ってもめていたことがあるんです。
ヒスパニック系アメリカ人の票が軽視できない程移民や移住している人が増えていることもあって、母国が訓練の場となることに対する反発を恐れたブッシュ政権は訓練を縮小しました。
日本の場合は訓練だけでなく極東の拠点として実戦上も重要なことと、日本人がアメリカの政権に政治的影響力をあまり持たないことから政治的に押し切ることは難しいと思います。
健康保険の問題を乗り切りオバマ政権は基地問題でも譲る気はないのではないでしょうか。
posted by チーフ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月21日


強い風が続いています。
風はwindで窓がwindow。何か関係があるのかと思ったらやっぱりあります。
元々windowは「風の目」と言う意味の言葉からできたらしい。
風を遮るというより光や風を取り入れる穴が目のようだからということのようです。
目は心の窓、窓は風の目だったんですね。
posted by チーフ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月20日

モチベーション


外国人が日本のテレビに出て日本語を上手に話しているところを見るとどうやって覚えたのかと思ってしまいます。
特に英語圏でなくあまりなじみのない国の人が、ほとんどネイティブのように話していると日本人の自分も英語がもっと上達するはずだと気持ちを新たにしています。
posted by チーフ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月19日

R指定


日本人は英語の発音は上手くない方でしょう。
その国その国で言葉の特徴が異なるので英語のクセも異なります。
インド人の話す英語を聞いたことがあるでしょうか。
英語のRの音に反応してしまうのです。
単語の中に含まれるRの文字を発音してしまいます。
でも通じてるみたいだから不思議です。
posted by チーフ at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月18日

捕らぬ狸


土地の価格が下落してるようです。
何に対しても需給のバランス、価格の弾力性は働くのでいずれ下げ止まり、都市部では国内の業者や外資のファンドが買い時とばかりに買いに走る時が来るでしょう。
その時に売れるように今買っとけば...お金がありませんでした。

posted by チーフ at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月17日

マグロ


マグロがピンチですね。
でも今回見直したのはフランス人です。
フランスでは黒マグロもまだネタとして出されていて食べたことある人はおいしいと知っている人も多いようです。
でも、絶滅しそうならあえて頼まない、別のネタを頼んで食べるという人が多いようです。
食べたことないから食べられなくなっても良いというのではなくて、おいしいの知ってるけど絶滅しそうなら他のもの頼むという姿勢はなかなかの説得力です。
マグロは英語でtunaです。
身が鶏肉っぽくて海で獲れるからシーチキンなんだって。前にも書いたかな。
posted by チーフ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。