2010年02月01日

ギョギョ


「めだかの学校」という歌があります。
それによればめだかの学校は川の中なのだそうです。
実はこれ英語では理にかなっています。
なぜなら、学校を意味するschoolと言う単語には「魚の群れ」と言う意味があるからです。
もちろん歌のめだかの学校は日本の童謡なので英語とは関係ないんですけど。
posted by チーフ at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2009年03月13日

単語チェック期間


今回の単語チェックは、昨年の2008年11月12日から始め2009年3月10日に終わりました。
だいたい4ヶ月かかったことになります。
他のことをやりながらですが、受験生も他の勉強をしながら単語を覚えると思うので一つの目安にして下さい。
それとあくまで、はじめて覚え始めたのではなく、一度勉強したことがあるものを覚え直したということです。
といっても元々覚えていないものもたくさんありましたが。


posted by チーフ at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2009年03月12日

単語チェックまとめ(2)


今回行った方法のまとめ
単語集を用意する。
数百語ずつ三つぐらいに分ける。
1一回目50語ぐらいずつ知っている単語をマーカーで塗る。
2二回目同じユニットをチェックし一回目と同じものは違う色で塗り、二回目で覚えたものは一回目に塗った色を塗る。
3三回目同じユニットをチェックし2回目と違う色で塗り、三回目で覚えたものは一回目と同じ色を塗る。
この時点で覚えているものほどこく塗られていて、覚えていないものほど塗られていないか薄く塗られている状態になります。
色が塗られていないものを集中的に覚え直す。
次のユニットへ進む。
三つに分けたユニット全てについてこれを繰り返す。
単語チェック終了と同時に弱点単語集が出来上がる。おめでとー。

感想
デメリット 通常と逆で知っているものを塗るためマーカーは結構減る。
メリット  単調な作業が習慣化する。
      覚えた過程が色別で分かる弱点リストが出来上がる。

今回でものすごく覚えられたというより、今後間隔を空けてチェックし直す時に効率よくチェックできる状態にになったと思います。

posted by チーフ at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2009年03月11日

単語チェックまとめ(1)


昨日で単語チェックが終了しました。
記事を読んで下さってる方は気づいたかも分かりませんが今回使用した単語集は
英単語ターゲット1900―大学入試出る順 (大学JUKEN新書)です。
単語集は評判の良いものなら何でも構わないと思います。
今回のチェックでは覚えているもの(普通と逆)にマーカーを塗って行くという方法で、回を重ねるたびに違う色を塗りました。
ブログの記事で読んだ方法なのですが、最終的にはマジックで塗りつぶしてしまう人もいるようです。
要するに覚えるべき単語を絞り込むのと、単調な作業になりがちなので続けるための工夫と言ったところでしょうか。
最終的に弱点リストのようなものが出来上がります。




posted by チーフ at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2009年01月16日

受験生が単語を覚える時期


受験生向けに単語のチェックについて書きたいと思います。
今年の受験生にはあまり参考にならないかもしれません。
まず、暗記ものは直前にしろと言う人がいますが、よほど記憶力に自信が無い限り直前に回すのは止めた方が良いと思います。
自信というより、過去に大量に短期間でものを覚えられたという実績が無い限り避けた方が良いでしょう。これは全ての記憶事項に当てはまると思います。
受験生が覚えるのは英語だけではないし、通常記憶は忘れては覚えることを繰り返すものだからです。
なるべく早くから取りかかり、安定して覚えているものを増やすようにメンテナンスしながら、穴となっているものを眺めつつ、覚えにくいものだけを直前に覚え込む方が良いと思います。
もちろん繰り返しチェックしながらピークを試験日に持って行くことができればベストです。なるべく早くはじめてメンテナンス程度で現在の語彙力を維持できるようにして、早めに余裕をつくり他科目へも力を振り分けましょう。




posted by チーフ at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年06月16日

スイッチ


前置詞をイメージでとらえるというのはよく知られている方法です。
onは接触のイメージ。
offは離れたイメージです。
スイッチが接触する(on)と電気が流れ、離れる(off)と電気が流れなくなります。
posted by チーフ at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年05月26日

素材


半導体にも使われているセラミック。
英語ではceramic(s)です。
語源はギリシャ語で焼き物という意味です。
お茶碗みたいなものと電子部品が同じような素材でできているのは不思議な感じがします。
posted by チーフ at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年05月18日

サビ


サビを英語で何と言うのか調べてみました。
錆びは英語でrustです。
そこから派生して動詞で鈍る、役に立たなくなるなどの意味を持ちます。

posted by チーフ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年05月12日

変幻自在


英語の名詞には同じ形で動詞の意味を持つものがあるということを以前書きました。
逆に動詞の意味で有名なものが関連する名詞の意味を持つこともあります。
accessは接近するという動詞の意味が一般的ですが、「接近方法」という名詞の意味にもなります。
この単語に限らず意味から品詞を取り違えると案外混乱します。
posted by チーフ at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年05月09日

決まりをつける


dietは日本語と同じダイエットの意味がありますが、絶食してまでやせようとするのは元の意味からは遠いようです。
TOEICでなら国会の意味を押さえておきましょう。
ダイエットが必要そうなおじさんが多いからじゃないですよ。
posted by チーフ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年05月07日

例外が満載


英語の単語は発音と綴りが一致していないようでいて一定のルールがあります。
例外となるものは例外として意識するとよりルールが明確になります。
その例外がいくつか現れるのがナイフという単語です。
まず綴りはknifeで、はじめのkは発音されません。
さらに複数形は単にsが付くだけではなく、knivesとなります。
fがvに変わってesがつきます。
例外が満載です。


posted by チーフ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年05月01日

攻めも守りも


投手と捕手はbattery
打者はbatterあまり考えたことありませんでしたが、yがあるかないかの違いです。
でも、なんで守る方もbatが付く単語なんだろう?

posted by チーフ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年04月28日

不思議な花


flowerと言えば花です。
以前名詞の中に同じ形で動詞の意味を持つ単語があるということを書きました。
このflowerもそうです。
花を咲かすという意味の動詞になります。
でも、よく考えるとこの動詞の主体は何なんだろうか。
水をやる人なのか、咲こうとする花なのか、条件を整える自然なのか。
不思議な動詞です。
posted by チーフ at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 単語

2007年04月27日

ゴロゴロ


昨日は一時雷が鳴っていました。
日本には雷鳥という鳥がいます。
英語のthunderbirdという単語を訳したのかと思ったら全く別物でした。
thunderbirdはネイティブアメリカンの伝説上の鳥です。
雷鳥は実在する鳥で英語だとgrouseです。
posted by チーフ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年04月26日

雨と太陽


前回傘がumbrellaであることを書きました。
もう一つ傘の意味を持つ単語がparasolです。
umbrellaとparasolどっちが日傘か迷ったことはないでしょうか。
parasolのsolはラテン語で太陽の意味です。
今でもスペイン語で太陽です。
英語で言えばsunです。
ですからparasolが日傘です。
posted by チーフ at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年04月25日

傘の色


今日はかなり広い地域で雨のようです。
傘は英語でumbrellaです。
赤褐色(暗褐色)umberと同語源です。
ラテン語ではumbraが陰という意味を持ちます。
umbrellaはそれが小さいということで小さな陰という意味のようです。
llaの部分が小さいことを表します。
日本語でも「〜っこ」という言い方が小さいことを表すようなものでしょうか。
もちろんアンバーは傘の色ということではなく、ちょっと暗めのくすんだ色だからでしょう。
posted by チーフ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年04月21日

リバーシブル


前回書いた言語という意味の単語languageはラテン語が語源で舌という意味を持ちました。
逆に英語で舌という意味の単語tongueには言語という意味があります。
語源になるくらい近い言語ということもありますが、英語を話していた人たちとラテン語を話していた人たちの発想が似ているということでしょう。
もっと言うと人間に共通する要素なので似てくるのだと思います。

posted by チーフ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年04月17日

名詞と同志


日本語では名詞に「する」をつけると動詞になるものがあります。
英語では名詞と動詞が同じ形のものがあります。
bookには本という意味がありますが、動詞で記入する、予約するという意味があります。
何となく意味の関連が分かりますね。
ファミレスで席待ちの時に名前を記入するところを思い浮かべると、動詞の意味が覚えられそうです。
posted by チーフ at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年04月16日

何のス?


日本語で音楽のジャンルであるポップスは英語でpop musicです。
日本語になるとなぜかスがつきます。
songのsだけ残ったものか、何らかの複数形かなぞです。
何なんだこのスは。
posted by チーフ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語

2007年04月15日

手作り英語の手


CMで大人のマナーというフレーズを耳にします。
mannerと綴りが似ているものにmanual手順書があります。
手順、手引きと「手」が付くように、両方とも手と関係があります。
mannerはラテン語で手の扱い方だそうです。
手作り英語の手はhandの方でしょうね。


posted by チーフ at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。